缶詰に夢と希望と現実を

うちのMEG◯非公認ブログ ~日々のDIYを綴ります~

板をきれいにして繋ぎ合わせるpart1

人生初の除草剤まきをしてきました。

 

除草剤液入りのタンクは約20kg。

 

体力ある方だけど、体にはこたえますよ。

 

日々、農作業でしょっている方には頭が下がります。

 

 

さて、ルーフに載せて持って帰ってきた板についてです。

 

まずは、板の詳細。

f:id:kandzume:20200523062255j:plain

長さ158cm。

 

f:id:kandzume:20200523062315j:plain

幅91cm。

 

f:id:kandzume:20200523062413j:plain

長年の放置プレーで板はそりまくり。

 

f:id:kandzume:20200523062352j:plain

ラワン材をはぎ合わせて作ってあるようです。

 

こんなはぎ合わせの形は初めて見た。おもしろい。

 

 

まぁ、汚れとそりで、とても収納ボックスを作るのはできないわけですよ。

 

なので、板を切ってきれいに整えます。

 

加工のため、2つに切って分ける(92cmと66cm)

f:id:kandzume:20200523062444j:plain

子どもがお昼寝をはじめたので、静かに手ノコで。

 

ノコギリはよく切れる歯と、「引く」ときに力を入れれば,切り進められます。

 

 

はぎ合わせを一度切り離します。

f:id:kandzume:20200523062504j:plain

今度は丸ノコで。

 

さすがに10回の手ノコは勘弁してください。

 

 

板のゆがんだ部分は自動カンナで削ります。

f:id:kandzume:20200523062536j:plain

いつもより幅があり、広葉樹で硬い分、削る音も爆音!

 

ご近所さんの目があるので、しばらく自動カンナを使うのはやめておこう。

 

 

表面がきれいな板になりました。

f:id:kandzume:20200523062553j:plain

 

なんか、ここ最近、廃材復活シリーズばかりですな。

 

興味をもって見てくれた方、ありがとうございます。

 

今日も明日も日々是好日で。

廃材でパーゴラ造りpart4

恵みの雨ですなぁ、野菜も草も順調に成長してます。

 

数日以内に手を打たないと、庭のジャングル化決定ですな。

 

 

庭造りDIYは、木の加工ということで。

 

もともと違う用途で使っていた木材だったので、長さが180cmもありません。

f:id:kandzume:20200523062025j:plain

端をきれいに切って172cm。

 

3m60cm以上は欲しいので、新しい試みで継いでみました。

f:id:kandzume:20200523062045j:plain

L字状に欠いて、つなぎ合わせました。

 

相欠き?相じゃくり?になるのですかね。

 

知っている方がいたら、教えてくださいませ。

 

素人作業で、強度がどれくらい出るかわからず、長さの違う板を挟んでます。

 

サンドイッチ角材であります。

 

36mm厚+18mm厚+36mm厚 ⇒ 90mm厚の角材が半日かけてできました。

 

 

すでに柱の上に載っちゃってますが、接合する部分は欠きこんでます。

f:id:kandzume:20200523062110j:plain

お金をかけない分、時間が異様にかかってます。

 

子どもをみている分の時給くださいと脇から言われそうです。

 

旦那のDIYを理解してくれて、感謝しております。

 

さぁ、形になるまであと少し。

 

今日も明日も日々是好日。

 

 

廃材でパーゴラ造りpart3

5月の花粉症と闘う男、Kandzumeです。

 

目がかゆい、くしゃみ連発の中、外でDIY・・・。

 

もっと苦しくなる前に草刈りもしないと。

 

 

庭造りDIYはパーゴラの用の木材を削って塗料を塗ります。

 

廃材ストックの木材は、よく見極めれば使える部分が多いものの、汚れが・・・。

 

なので、自動カンナで1mmずつ削っちゃいます。

f:id:kandzume:20200523061529j:plain

真ん中の板がもともとの状態。右側の板が削ったものです。

 

削るということは、厚みや幅も変わっちゃいます。

 

38mm(厚)×89mm(幅) ⇒ 36mm(厚)×87mm(幅)となりました。

 

 

削った木材は水性塗料で塗ります。

f:id:kandzume:20200523061627j:plain

自分の秘密基地にもなるから、まぁ子どもたちも頑張ること。

 

ちょっとした色ムラは直さずに思い出にしちゃおう。

 

塗った木材の一部ではありますが、よく最後まで塗れたんじゃないですか。

f:id:kandzume:20200523061730j:plain

f:id:kandzume:20200523061929j:plain

 

夢と希望はどんどん膨らみますが、現実は少しずつしか進まない・・・。

 

ということで、今日はここまで。

 

それでは、今日も明日も日々是好日。

 

 

ルーフに載せてお持ち帰り

仕事場から風を切るように帰ってきたKandzumeです。

 

こんなどでかい板を積んだら、風切り音が激しかっただけですが・・・。

f:id:kandzume:20200521180029j:plain

あ、「風を切る」の言葉の使い方が間違ってますね。

 

 

板は、仕事場で使う収納ボックスを作るための材料です。

 

仕事場の方が設備は整ってますが、自宅勤務推奨なので,週末の青空木工室で頑張ってみましょうか。

 

 

ちなみに,ルーフキャリアへの固定はこの道具を使いました。

f:id:kandzume:20200521182012j:plain

ロープラチェット!

 

締め付けるときは、フックを対象物に掛けてロープを引っ張ります。

f:id:kandzume:20200521183451j:plain

 

ゆるめるときは、親指のところの金具を倒します。

f:id:kandzume:20200521183542j:plain

固定する力は、タイダウンベルトやロープの南京結びの方が確実に上です。

 

使いやすさはあるものの、このロープは伸びるので、過信禁物なアイテムということで。

 

真似する方は、周りに迷惑をかけないよう自己責任でお願いします。

 

 

それでは、今日も明日も日々是好日。

廃材でパーゴラ造りpart2

子どもの分散登校で送迎中に踏切が降りました。

 

そういえば、踏切男だったKandzumeです。

 

1時間に1~2本しか通過しないような田舎の電車でも高確率で引き当てますよ(笑)

 

 

庭造りDIYはパーゴラの基礎石を埋めます。

 

ウッドデッキとかパーゴラって、柱となるものを設置して板材で固めていく手法がメジャーだと思います。

 

なので、ピンコロや羽根つきピンコロ等のコンクリート製品を基礎に使うことが多いです。

 

Kandzumeのパーゴラもコンクリート製品のストックで対応しちゃいます。

f:id:kandzume:20200521142653j:plain

何気に10年選手ですが、9cm角の柱がスポッと入ります。

 

これ、ホームセンターで取り扱っているのをよく見かけます。

 

 

地面に穴を掘って基礎石埋めて固定するわけですが・・・。

 

10cm以上の縦穴を掘るのはスコップでやりたくないんですよね。

 

面倒くさいし、底面をきれいに掘るのは難しいし。

 

なので、今回は複式ショベルと三角ホーの組み合わせで掘りましたよ。

f:id:kandzume:20200521145402j:plain

すぐ埋めちゃうのに、そんなに丁寧な四角形に掘らなくても・・・。アホだな、俺。

 

象印の複式ショベルは、10年使ってもスムーズに動くし、頑丈。

 

さすが、Made in Japan。

 

 

6個の基礎石の水平OK、それぞれの高さ揃えOK、幅揃えOKとなりました。

 

時間がかかっても揃えておきたいKandzumeポイントです。

 

経験上、後からつじつま合わせらんないから。

 

 

今日はここまで。

 

それでは、今日も明日も日々是好日。

 

廃材でパーゴラ造りpart1

昔から電話をかけるのが苦手なKandzumeっす。

 

コロナ対応でテレワークの方も多いと思いますが、苦手意識高い人は苦労されているんでしょうね。

 

 

さて、庭作りDIYです。

 

家族から「遊ぶための基地がほしい」とか、「自転車をおくところがほしい」など要望がありまして・・・。

 

ずっと自宅待機だから、そういう気持ちは強くなりますね、きっと。

 

そんな夢と希望を思い出缶詰に詰め込んでやろうじゃありませんか。

 

場所はこの防草シート範囲。

f:id:kandzume:20200519001150j:plain

 

材料はこちら。

f:id:kandzume:20200520054837j:plain

f:id:kandzume:20200520055009j:plain

たまってしまった手持ちの廃材ストック品を使って、パーゴラに挑戦です。

 

見た目にも邪魔でちょうど整理したかったんだよね~。

 

ばらして~、選別して~、をしていると、「何してんの~」と子どもたちが。

f:id:kandzume:20200520055821j:plain

電動工具は子どもにとって、魅力一杯。

 

でも、やるときは大人と一緒だぞ。

 

まぁ、5分後には違う遊びをしてるんですが(笑)

 

子どももいるので、ちょっとずつ進行です。

 

今日はここまで。

 

それでは今日も明日も日々是好日。

家庭菜園を築く

 肌寒いのに半袖で突っ走るKandzumeっす。

 

最近、夏野菜を植えたくて、家庭菜園をはじめたんです。

f:id:kandzume:20200519001023j:plain

支柱の高さを揃える辺りは、自己満足のO型のこだわり(笑)

 

O型は大雑把なのではなく、こだわりの振り幅に差があるんだと思うんですよね。

 

こだわるところは徹底的に、どうでもいいところは気にしない。

 

そんなことはどうでもいいとスルーしてくれた方、ありがとうございます。

 

本題にもどりましょ。

 

 

 

どこが「築いた」にも触れなくちゃいけないとですね。

 

それは・・・、

f:id:kandzume:20200519001131j:plain

地面から50cmかさ上げされたところに植えられているのです。

 

土嚢を地道に並べるのはちょっとつらかった・・・。

 

行き場のない土の山を土嚢で止めて、畑にしてます。

 

こんなので育つのか?ときどきレポートしていこうと思います。

 

 

f:id:kandzume:20200519001150j:plain

手前の防草シートスペースにもなにやらできそうな感じを匂わせて、今日はここまで。

 

それでは今日も明日も、日々是好日。